スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎HELP・・・?◎

2006-03-25-Sat-09:48

一段階の学科を受けていた時のこと。何の項目の授業だったかは忘れたけど、その時限を受ける時の教官さんは楽しく気さくな授業をしてくれる、教習生にも人気なS先生。その時限私は一番前の席に座っていました。隣に座っている人をチラリと見てみたら、学蘭制服を着た、どうやら私と同い年の男の子(以後A君)。なんとも素朴で真面目な感じ。授業が始まるとS先生は「ここのピックアップの所大事だからね!よく試験に出るからアンダーライン!!しっかり押さえておいてね!!」。周りは教習生がペンのふたをはずす音がした。しかし、A君の様子が何か変。どうしたのかな?私はペンを持ちながら固まった。A君は、先生が大事だと言った教科書の「ピックアップ」部分を、指で”ぎゅ~”と押さえている。「何で指で押さえているのかな?」…もしかして…S先生が「しっかり押さえておいてね」って言ったから?いや…そんな馬鹿な。そう思っていると、S先生は「じゃあ、2ページ飛んでめくってね!!」。私と周りの教習生は普通に指定されたページを開いた。あれ?まだA君の様子が変だぞ…。え…まだ指で「ピックアップ」を押さえている…。だからA君は指定されているページをめくれていない。指で押さえて、ページをめくろうとしているらしく一人で悪戦苦闘しているらしい。こりゃいかん…S先生!!A君に気づいてあげて!!私は心の中で叫んだ。しかし、S先生全く気づかず授業をそのまま続けている。「ここも大事だから!!アンダーラインしてしっかり押さえておいてね!!」。はて?A君どうする?A君はようやく「ピックアップ」の部分から指を離し、ページをめくった。ふぅ~…。だがA君に問題が発生。次に押さえておく部分が分からないようだ。ようやく分かったのかどうかは不明だけど、授業が終わるとA君は何事もなかったかのように、爽やかな表情で教室を去っていった。
教習所に通った人は分かると思うけど…勿論免許を取るのは人生初めてだから、技能教習も学科教習もすべてが初!なもの。だから、「え!?」というようなエピソードが沢山生まれるのは言うまでもないのである(笑)


スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://giants21.blog24.fc2.com/tb.php/53-04684a7c

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。